樹木と共にある暮らしって優雅で温癒(ぬくもり)を感じます!


木曽漆器 優雅さとぬくもり

例えば、木であり漆でもあります。

そもそも樹木とは、あらゆるものの原点であり、人は一日として樹木から離れられないのです。
例えば、人の名前、家紋、薬、紙、器、庭木、建築材等々暮らしの中に様々な形で存在しています。

そうです・・・樹木のないところに人生はないのです!


暮らし 7つのキーワード

樹木からの潤い(恵み)をもらえば、人は暮らしを愉しむことができます。

  • 優雅
  • 温癒(ぬくもり)
  • リラックス・・・ホっとする (^ω^)
  • 趣きある暮らし。
  • 柔らかみある暮らし
  • 多様性のある暮らし・・・様々な使い方ができます。
  • 演出ある暮らし・・・いろいろなアイディアでお楽しみください。


樹木と共に歩んだきた暮らしが快適さをツタエます・・


樹木と暮らし 同調と快適さ

人というのは500万年、人がヒトとして、自然界の中にいます。
産業革命以後200年ということは99.9%は自然界の中で生活していました。
近代社会はつい最近のことなのです。

その遺伝子を持つあなたもこの経験から、木や漆など樹木からの恵みに触れた暮らしをすることにより、自然と同調し快適さを感じることができるのです。

  • それはあなたの好き嫌いの感情を問わず体が欲することなのです・・・

そしてその快適さが家族の健康へと導きます。


伝えたいこと・・


かく丸漆器問屋は漆の問屋業をなりあいとして創業75年、樹木からの恵みを皆様におツタえすることが大切なことと思っています。

そんな、心をツタえるようなことが商いになるのか!と怒られそうですが、これをご縁によろしくお願い申し上げます。


木曽漆器の問屋

かく丸